私は特定疾患にも認定されている持病を抱えています。主な病変部位は胃腸です。なので胃カメラを受ける機会が年に数回あります。10年以上受けてきているわけですが、患者に苦痛を与えない技術の進歩は素晴らしいものがあります。年々苦痛が少なくなってきていると実感しています。胃カメラを飲む時どうしても苦しくて我慢できないって人には、セデーションという麻酔をオススメします。これは簡単な全身麻酔で寝てるわけではないんですが、意識がぼーっとして苦痛をほとんど感じません。快適に検査が出来るメリットはありますが、終わった後に車の運転が出来なかったり仕事が出来なかったりするデメリットがあります。私は一回、セデーションを使った検査の後に仕事をしたことがありますが、記憶がほとんどありません。。なのでその辺の調整が出来る方にはオススメできます。その他にも最近は口ではなく鼻から入れるタイプもあるみたいですが未経験です。口から入れるタイプのコツとしては喉にカメラが当ったらゴクンゴクンとカメラをタイミングよく飲み込んでいくとスムーズに検査が進みます。医者との意思疎通をうまくすることも苦痛が少ない検査につながると思います。近年、進化がめまぐるしい内視鏡検査。もっと身近で簡単な検査方法になるといいですね。

胃カメラは以外と痛くないと思いました。

日常生活をしっかり送るためには健康管理が大切だと思います。そのために健康診断を受けるコトが大切だと思っています。主婦であるわたしは健康診断を受ける機会があまりありません。でもちゃんと受けるように心がけています。ダンナにも同じコト言っていますし、同時にプラスで検査できるのであれば出来るだけ受けるようにも伝えてあります。何故ならこの数年知り合いが重い病かかったという報告が絶えないからです。主にダンナの知り合いからですが、わたし達夫婦と同性代の方の発症したときくととても心配ですし落ち込んでいまいます。何事も早期発見がいちばんだと思っています。もう10年近く前ですがストレスで胸焼けがひどくなった時がありました。胃炎でした。もともとストレスが溜まると胃にくるタイプなのでよくあるコトでしたが、なかなかおさまる気配がなくとても辛かったです。そこで、胃腸科の病院へ診察してもらいました。すぐにどれくらい悪いか診るために胃カメラ検査をするコトになりました。すごく痛いと思っていましたが、以外と痛くないなかったです。検査の結果は胃潰瘍の一歩手前というコトでした、早期に検査した結果入院せずにすみました。このコトからも早期というのが大切だと思うのです。