胃カメラの歴史は日本で刻まれている

医学といいますと、世界においてそれぞれ行われていたということです。外科手術といいますと近代になってから行われたのではないかと思ってしまいますが、はるか昔において、脳外科の手術の痕らしきものが見つかったということです。単にお腹の中というのではなく、脳に対して行ったということがすごいように思います。その手術を行うに当たっては、それ以前にも一定の知識が必要になってくることになります。それだけの文化や文明があったということです。日本においても、脳外科までは行かなくてもいろいろな技術があったということです。外国から取り入れたものもあれば、独自に進められたこともあるということです。それが今に受け継がれているということになります。医学といいますと、治療方法などが注目されることになります。

でもそれ以外の部分でも大事なところがあります。それは、より治療がしやすいようにしなければいけないということです。開腹手術をするというとき、メスなどを利用することになります。このときに切りづらいものになると、患者の負担になるということです。また、細かい作業をするのに必要な道具もあるということです。ある医師は、自分の手術で使うための専用の器具を作ってもらっているということです。脳外科などにおいては、より細かい作業ができるものが必要ということです。

そして実際の治療以外においても、技術が必要ということです。それ知るのに良いのが胃カメラの歴史です。開発自体は19世紀から行われていたということです。もともとはドイツで構想がされたそうですが、実現化はできなかったということです。その後、日本において研究が進められたということです。口の中から体の中に入れるということで、小さいことが必要です。また、体の中というのは明かりがありません。ですから明るさの確保が必要になります。そして、水分がありますから、防水ということも必要ということです。さらに、人がそれを飲み込むときに苦しければ、誰も受けたくなくなるということになります。そういったことを解決していこうということで研究が進められたということです。危険がなくて、患者の負担が少なくて、そしてもっとも大事な目的として、胃の全体をきちんと撮影できるというものが生まれたということです。そこからさらに開発が進められています。映像技術がアップして、より治療につなげることができるということです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*