バーコードでの効率化も図れる激安シール印刷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お店に行くと、どの商品にもついているものがあります。それは、バーコードです。商品管理を行う上では欠かせません。その種類は、よく見かける縦縞の1次元バーコードと、スマホなどで読み取ることができる2次元バーコードがあります。1次元バーコードよりも2次元バーコードの方が保存できる情報量は多くなるので、用途に合わせて使い分けてみると良いでしょう。
市販の商品に使われているというイメージが強いかもしれませんが、実はオリジナル商品につけるためのバーコードを作ることもできます。直接商品などに印刷することができない場合でも、激安シール印刷を利用してバーコードラベルを作っておくと、自由にバーコードが使えて便利です。業務用でも個人でも、バーコードを使いたい人はぜひ覚えておくと良いでしょう。

業務用のラベルに活躍

自営業で自分の商品を販売している人の中には、すでにバーコードを活用しているという人もいるでしょう。バーコードで商品を管理することで、どの商品がどれだけ売れたのか、今倉庫にどれだけの商品があるのかといった情報がわかりやすくなります。まだバーコードを使った管理をしていないという場合にはぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。
激安シール印刷を利用すると、オリジナルのバーコードが簡単に作れます。またバーコードに加えて、商品に関する情報を記載したラベルを作るのも良いでしょう。バーコードラベル用に使われる紙にも、いろいろなタイプがあります。耐水性のあるものや表面にツヤのあるものなどがあるので、ラベルを作る時にはそれぞれの商品に合わせた紙を選んでみてください。

名刺に2次元バーコードを貼って情報量アップ

バーコードラベルは、業務用としてだけではなく個人で使うこともできます。個人で使いやすい方法としては、2次元バーコードを名刺に貼るというものです。名刺に書ききれない情報を2次元バーコードから読み取ってもらうようにするのも良いですし、WEBサイトにアクセスしやすくするために2次元バーコードを利用する方法もあります。
特に活躍するのは、趣味の場で人と会う時です。普段使っている名刺に趣味のWEBサイトなどの情報を掲載したバーコードラベルを貼って渡せば、さらに活動の幅が広がります。複数の趣味があって、その場に応じて違った情報を渡したいというときにも、2次元バーコードのラベルシールが活躍してくれます。特定の人に名刺には書いていない情報を渡したいという時には、激安シール印刷を利用して作ったオリジナルの2次元バーコードを持っていると便利です。

ピックアップ記事

食品がもっと素敵になる激安シール印刷

オリジナルのシールは、食品パッケージなどに使うこともできます。常温のものはもちろん、冷凍や冷蔵に対応している接着糊もありますから用途に合わせて使い分けてみると良いでしょう。食品パッケージとしてシールを...

激安シール印刷で自転車を彩る

自転車に、愛着を持って使っているという人も多いでしょう。特に自分のためにカスタマイズなどがほどこされている自転車ならばなおさらです。そんな自転車への愛着をさらに高めるために、激安シール印刷を利用して作...

バーコードでの効率化も図れる激安シール印刷

お店に行くと、どの商品にもついているものがあります。それは、バーコードです。商品管理を行う上では欠かせません。その種類は、よく見かける縦縞の1次元バーコードと、スマホなどで読み取ることができる2次元バ...

激安シール印刷でタトゥーシールを作る

タトゥーを入れたいけれど、実際に入れるとなるとハードルが高いと感じている人も多いでしょう。日本では、まだまだタトゥーが認められている文化とは言い難いでしょう。タトゥーをしているというだけでも、印象があ...